女性の真心と感性が光る理想の住まい

三陽住建の女性スタッフと話を重ねていくと、多くの家族が「私たちの大切な住まいを誠心誠意、真心を込めて一緒に創りあげてくれそう」そんな想いを抱くという。それは施主OBからの紹介契約率の高さにも表れており、構造やデザイン、設備も重要だが、やはり家づくりの最後は「人」。「この人たちにお任せしたい」と感じるほどの信頼関係を築けなければ、誰が知人の一生に一度の住まいを、同社に勧めることができるだろうか。要望を反映したプランニングは当然として、細かなインテリアの一つひとつまで理想を追い求め、何と完成後の引越し作業も同社にとっては標準仕様の一部。誰もが驚く手厚いサポート体制も決して過剰などではなく、「お客様の笑顔が見たい」その一心に他ならない。

楽しく優しく、笑顔あふれる家づくり

もちろん設計や現場管理では男性スタッフの力も必要とする。良い意味で男女それぞれの良さを活かした、適材適所の人員配置で家族の夢をバックアップ。HPを覗くと認定低炭素住宅やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)といった気になる性能面も詳しく紹介されているため、ぜひアクセスを。

PAGE TOP